犬のALPまとめ

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

犬のALPまとめ記事一覧

犬のALPが上昇する原因とは?

多くの場合、肝臓と骨の異常により血液中で上昇します。ALPは肝臓から胆汁中に流れ出します。胆汁とは肝臓がつくる液体で胆管という管を経て十二指腸に流れていきます。肝酵素は肝臓・胆管・胆嚢の炎症や腫瘍、胆管閉塞などにより上昇します。ただ、肝疾患で必ず高くなるというわけではなく、肝硬変や門脈体循環シャント...

≫続きを読む

犬のALPはクッシング症候群が原因?

クッシング症候群とは、副腎皮質機能亢進症ともいいます。この病気は副腎皮質から分泌されるコルチゾールというホルモンが過剰になることでさまざまな体の異常をきたします。クッシングという病気は脳にある下垂体からの命令で副腎皮質ホルモンの1種であるコルチゾールを過剰に生産してしまいます。血液検査でALPが上が...

≫続きを読む

犬のALPが高い麻酔などが必要となる?

ALPは高齢でも上昇することがあるので、超音波などでどこまで異常があるかでしょうか。おそらく胆嚢にも問題は無いと思います。肝数値が上がってる原因を知るには肝数値が高くても麻酔して細胞をとるしかないのでどうせ麻酔をしないと細胞とれないからって事みたいです。麻酔下で、比較的長時間の開腹手術になるため、犬...

≫続きを読む

犬のALPはストレスで上昇することがある?

肝・胆道系疾患時に産生が増加するとALP、γ-GTPの値が上昇。(ALPは薬物やストレス、疾患時、約8か月齢以下の骨の成長期でも上昇する傾向が見られます)ALTが500以上あるから続くようなら精密検査したほうがいいと言われ肝臓の数値は一時的に微妙なことでも(例えばストレスなど)あがることがあるそうで...

≫続きを読む

犬のALP血液検査で高い場合は?

動物病院でALPが高いと指摘されたとき、いったい犬猫たちの体内では何が起こっているのでしょう。検査のたびに基準値をオーバーするのであれば、まずは肝臓もしくは胆管系の病気が考えられます。ステロイド剤を使いはじめてからALPが上昇してきたなら、おそらく原因はそれでしょう。健康状態に問題がないのなら、そこ...

≫続きを読む

犬のALP数値が高い時は死が近い?!

血液検査で分かる内容、そしてALPの意味がわかれば、次に気になるのは実際にALPの数値が高いとき、どのような病気が起こるのかという事です。まず肝臓に病気を起こしやすくなるのですが、肝臓の生成する胆汁には消化酵素が含まれ、そこにはALPも含まれています。人間の場合では、アルコール性肝炎、アルコール性脂...

≫続きを読む