犬の貧血【サプリやフードは何がいいの?】

犬の貧血【サプリやフードは何がいいの?】

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

ビタミンは、貧血の犬にとっては重要なサプリメントです。特に、ビタミンB群は赤血球の生成する骨髄を強化するために不可欠です。
フードはカナガンドッグフードなどの栄養価の高いフードがお勧めです。

 

犬の貧血には自己免疫介在性溶血性貧血と鉄欠乏性貧血などがあります。
鉄欠乏性貧血は鉄分摂取不足・消化菅の異常・慢性出血性疾患が原因で起きるものです。

 

貧血の原因には
・骨髄という血液を作るところが機能していない
・体の中のどこかが出血している
・腎不全
・腫瘍
・栄養不足(鉄不足)

 

その他にもいろいろな原因があります。

 

原因は出血から起こる貧血、中毒による貧血、自己免疫性溶血性貧血、寄生虫によって起こる貧血、赤血球の生産不能、再生不良性貧血などがあります。

 

感染症や悪性腫瘍による貧血は医師にまかせるしかありませんが、栄養素の摂取で予防できる貧血はしっかり予防をしましょう。

 

ビタミンB12は赤血球を作る脊髄や胃腸の粘膜など細胞分裂の活発な組織で活躍するため、欠乏すると赤血球の成熟に異常をきたす悪性貧血や、消化器官にも障害を起こします。
悪性貧血の症状は、頭痛、めまい、吐き気、動悸、息切れ、食欲不振などです。

 

貧血は一過性のものから、重篤で難治性のものまで様々で、原因を追求した上で治療をする必要がある。また、犬、猫やその他の動物で貧血の原因が異なるため、個々の動物に対して鑑別診断を行う必要があります。

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

犬の貧血【サプリやフードは何がいいの?】

ビタミンは、貧血の犬にとっては重要なサプリメントです。特に、ビタミンB群は赤血球の生成する骨髄を強化するために不可欠です。フードはカナガンドッグフードなどの栄養...

≫続きを読む

犬の貧血で目や歯ぐきが黄色くなる、元気がない場合

赤血球の破壊で(犬の症状)犬の目や歯ぐきが黄色くなる、元気がない、動きたがらない、食欲減退、吐き気採血の際に血小板が固まったり形が変わったりして検査機械上で血小...

≫続きを読む

犬の貧血【嘔吐が続く場合】

嘔吐とは、食べた物を口から強く出すことです。同じように、口から食べ物を出す症状で「吐き出し」と呼ばれるものがあります。私たち獣医師は、嘔吐と吐き出しをはっきり区...

≫続きを読む

犬の貧血【回復はどれほどかかる?】

自己の赤血球そのものに、免疫反応が向けられた場合と、赤血球に付着している何らかの物質(たとえば薬物など)に対して、免疫反応が起こっている場合とがあります。この病...

≫続きを読む

関連ページ

犬の貧血で目や歯ぐきが黄色くなる、元気がない場合
犬の貧血で目や歯ぐきが黄色くなる、元気がない場合 犬の貧血まとめ 犬の肝臓数値が高い場合の下げるドッグフードとは? 対処法をご紹介いたします。
犬の貧血【嘔吐が続く場合】
犬の貧血【嘔吐が続く場合】 犬の貧血まとめ 犬の肝臓数値が高い場合の下げるドッグフードとは? 対処法をご紹介いたします。
犬の貧血【回復はどれほどかかる?】
犬の貧血【回復はどれほどかかる?】 犬の貧血まとめ 犬の肝臓数値が高い場合の下げるドッグフードとは? 対処法をご紹介いたします。