犬の貧血まとめ

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

犬の貧血まとめ記事一覧

犬の貧血【サプリやフードは何がいいの?】

ビタミンは、貧血の犬にとっては重要なサプリメントです。特に、ビタミンB群は赤血球の生成する骨髄を強化するために不可欠です。フードはカナガンドッグフードなどの栄養価の高いフードがお勧めです。犬の貧血には自己免疫介在性溶血性貧血と鉄欠乏性貧血などがあります。鉄欠乏性貧血は鉄分摂取不足・消化菅の異常・慢性...

≫続きを読む

犬の貧血で目や歯ぐきが黄色くなる、元気がない場合

赤血球の破壊で(犬の症状)犬の目や歯ぐきが黄色くなる、元気がない、動きたがらない、食欲減退、吐き気採血の際に血小板が固まったり形が変わったりして検査機械上で血小板とカウントされないことがあります。他の病気にもよくある気だるさが見られたり、元気がなくなったり、食欲が減退するという症状が初期段階は見られ...

≫続きを読む

犬の貧血【嘔吐が続く場合】

嘔吐とは、食べた物を口から強く出すことです。同じように、口から食べ物を出す症状で「吐き出し」と呼ばれるものがあります。私たち獣医師は、嘔吐と吐き出しをはっきり区別しています。なぜなら、両者の原因は別のところにあるので、当然、治療法も違ってくるからです。食べ過ぎ、拾い食い、過剰な運動、環境の変化など下...

≫続きを読む

犬の貧血【回復はどれほどかかる?】

自己の赤血球そのものに、免疫反応が向けられた場合と、赤血球に付着している何らかの物質(たとえば薬物など)に対して、免疫反応が起こっている場合とがあります。この病気の犬では適合血がなかなかみつからないことも多いです。非常に急性のものは救命率は低いが,通常のものでは回復するものが多い.ただし慢性化して完...

≫続きを読む