犬の肝臓数値まとめはこちら

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

犬の肝臓数値まとめはこちら記事一覧

犬の肝臓数値が高い原因はなんなの?

ウコンは肝機能を強化してくれます。ときどき少量使ってみてください。かぼちゃも甘くて好きなわんちゃんは多いですし、老化防止にもなります穀類はできるだけ精製されていない物の方が体に良いので、取り入れてみてください。一般的な原因としては、普段の食生活によるものが圧倒的に多いです。自家で調理した肉、魚主体の...

≫続きを読む

犬の肝臓数値が高い!【食事は何が良い?】

多くの飼い主の方が信じているのは、ドッグフードが犬にとっては一番バランスのとれた食事だという考えではないでしょうか。肝臓の役割としては、体の中に入ってきた毒素を分解する能力を筆頭に、血液の主成分の合成、栄養素の分解、栄養素の貯蔵などなど…約1500種類くらいの働きがあるそうです。実際には食事中の大量...

≫続きを読む

犬の肝臓数値が高い【ドッグフードで下げる方法とは?】

ドッグフードの原材料に、トウモロコシ・コーングルテンミール・コーンフラワーなどのトウモロコシ類、大豆・大豆ミールなどの大豆類の表示があったら、犬には消化が悪いドッグフードを毎日食べ続けていることになります。犬には炭水化物は必要ない、肉をいくら食べても問題ないという研究発表がされてから、グレインフリー...

≫続きを読む

犬の肝臓数値が高い【altやAST(GOT)を下げる】

ALTのほとんどが肝細胞に含まれているため、血液検査で高い数値となるときには肝細胞がダメージを受けていることを意味しています。ALTが高くなるくらい肝細胞がダメージを受ける原因としてはいくつも考えられます。肝臓と腎臓のどちらも数値が高いので、肝臓は脂肪を、腎臓はタンパク質とリンの摂取を抑える必要があ...

≫続きを読む

犬の肝臓数値が異常の場合の対処法とは?

健康診断では、一見健康そうに見えるワンちゃんの実に40%に何かしらの異常が見つかっています。その中でも多いのが、血液検査での肝臓の数値の異常です。肝臓病ではGPTとGOTを診ていきますが、トランスアミラーゼという体内で作られる酵素のことを言います。GPTは、肝臓の細胞が壊死したときに変化するので、肝...

≫続きを読む

犬の肝臓数値【おやつが原因だった?】

犬の肝臓の役割のひとつは、解毒作用があります。人間用の食品に使えない非安全な原材料を使ったドッグフードやおやつが圧倒的に多いので、犬の肝臓に大きな負担を強いています。有害物質を食べない、体につけない。肝臓だけでなく、あらゆる病気予防で大切なことではないでしょうか。犬の肝臓の数値が悪くなるいちばん多い...

≫続きを読む

犬の肝臓数値が下がらない!そんな時は?

犬のお腹の中は大半が肝臓で占めているそうです。なので大半を失っても少しの肝臓でも生きて行けるそうです。肝臓以外に感染症にかかったりしていても数値が上がることがあるのです。これを、「肝臓の数値が高い=肝臓が悪い」としてすぐに肝臓の治療を始めてしまってはしょうもないです。そして、そういった取り組みをして...

≫続きを読む

犬の肝臓数値の正常値はいくつ?

GPT(=ALT トランスアミラーゼ)肝臓病ではGPTとGOTを診ていきますが、トランスアミラーゼという体内で作られる酵素のことを言います。GPTは、肝臓の細胞が壊死したときに変化するので、肝臓・胆道系の病気の診断に診ていきます。犬のGPTの正常値は20〜70U/lです。身体にとって有害な物質は、添...

≫続きを読む

犬の肝臓数値が300なのはやばい?

GPTだけが300と高いと言うのは食餌があっていない可能性がありますね。また肝臓に小さいできもの(肝臓腫瘍、肝膿瘍など)ができている可能性もあります。IBDも症状は様々で、毎日ステロイドが欠かせない子もいれば週に1〜2回の投薬で済む子もいます。ご担当の先生と密に連絡を取ってわんちゃんに合った容量・用...

≫続きを読む