犬の肝臓まとめはこちら

犬の肝臓まとめはこちら

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

犬の肝臓まとめはこちら記事一覧

犬の肝臓【アンモニア数値が標準値でも肝性脳症?】

胃腸からの血液には、アンモニア、メルカプトン、短鎖脂肪酸など数多くの毒素が含まれており、適切な解毒を受けなければ体に害を及ぼしてしまいます。この解毒業務を受け持っているのが肝臓です。絶食させてて腸内を洗浄し、体内の毒物をなるべく除去します。その後、アンモニア等が生成されにくい低タンパクの食事内容に切...

≫続きを読む

犬の肝臓【アミノ酸酸まで分解して肝臓に入っていく?】

小腸で吸収したブドウ糖、アミノ酸、脂質などの栄養素は、腸管と肝臓を結ぶ門脈という血管を通って、肝臓に入って行きます。小腸でアミノ酸に分解されてから吸収され肝臓に運ばれ、アミノ酸をからだに使える別の成分に変えて蓄えておき、必要になったらそれらを血液中に送り出し、全身の器官や他の臓器へと運ばれていくとの...

≫続きを読む

犬の肝臓【亜鉛が欠乏し続けるやばい?】

亜鉛はタンパク質の合成を助ける為に必要です。重症な肝疾患になるとこの亜鉛が欠乏しているそうです。亜鉛が欠乏し続けると壊れた肝細胞が肝線維となり肝硬変へ移行していきます。酢酸亜鉛は亜鉛元素源として推奨されており、最も広く用いられている。硫酸亜鉛、メチオニン亜鉛およびグルコン酸亜鉛もまた有効です。亜鉛が...

≫続きを読む

犬の肝臓【アレルギーが原因?】

足先と口の周りの赤味に関しては、アレルギー症状の一環と言うことも考えられますし、ステロイド投与の結果としてニキビダニ症を併発していることも考えられます。これもきちんと診断をやり直す必要があるでしょう。フードに毒素が含まれていると肝臓を酷使してしまいます。そのため、ドッグフードを選ぶ際には、添加物など...

≫続きを読む

犬の肝臓【痛みがある場合】

犬の肝臓には痛みなどを感じる神経がなく、犬の肝臓病などの病気は原因がとてもわかりにくいと言われてます。初期症状がわかりにくく、気づいたときには病気が進行しているので、定期的に検査を受けることが必要になってきます。手術後にしても、鎮痛剤を使用すれば、より合併症が少なくなります。昔は犬猫は、痛みに強いか...

≫続きを読む

犬の肝臓【萎縮と代謝活性の低下が起こる?】

肝血流量の低下は、肝臓の萎縮や肝細胞の機能変化に影響を及ぼします。門脈は、肝臓で必要とする酸素の50%を供給する血管ですが、門脈シャントの場合、酸素供給が減少します。代償性に、動脈血圧が上昇して、肝臓の血流量を維持しています。末期の脂肪肝では肝細胞が脂肪に置き換わってしまいついには消失してしまいます...

≫続きを読む

犬の肝臓【息切れをするなどの症状が現れる?】

元気がなくなる、疲れやすい、運動をしたがらない、すぐに息切れをするなどの貧血の一般的な症状に他に、多飲・多尿、食欲の低下や嘔吐、黄疸や呼吸が浅く速い、脈が速いなどの症状も見られます。クッシング病にかかっている多くの犬は、「肝機能障害」と誤診断される場合があります。クッシング病の犬は、肝酵素(ALTお...

≫続きを読む

犬 肝臓 いい食べ物で効果が出るものとは?

脂肪は高エネルギーの源で、また犬にとって非常においしいのです。肝疾患の犬は、実際には食事中の大量脂肪(カロリーの30-50%)を耐えること ができます。重度の胆汁うっ滞性肝疾患、脂肪吸収不良のみの犬の脂肪摂取量を制限する必要があり、その場合必須脂肪酸が提供されなければなりません。おやつなどは基本的に...

≫続きを読む

犬の肝臓数値が異常?

肝臓の数値は高い場合は異常ですが、低い場合には特に問題はないようです。実は肝臓は体内の臓器の中でも、再生能力の高いものではあるのです。肝疾患により80%以上の肝細胞が壊されない限り、昨日はほぼ正常に保たれます。しかし80%以上が壊れて、肝臓の機能が損なわれると肝不全になり、症状が進むと黄疸が見られる...

≫続きを読む

犬の肝臓【運動させると新陳代謝がよくなり健康的な犬になる?】

コレステロール値が高い場合高脂血症で脂肪肝になっている場合があります。そうすると脂肪分の高い肝サポはやめた方が良いと思います。コレステロール値が高ければ低脂肪食をお勧めします。コレステロールが高い場合様々な病気を併発することがあり、病気の原因になる事が多いです。予防する意味でも栄養価の高いフードに変...

≫続きを読む

犬の肝臓【ウコンを与えても大丈夫?】

ウコンは、鉄分を多く含むので逆に肝臓に悪いことが明らかになっています。肝臓の悪い犬のためにはドクタープラスベジタブルサポートがお勧めです。ウコンの主成分はクルクミンという黄色の色素で、胆汁の分泌を促し、解毒作用を持つことから肝臓の機能を助けると言われています。(肝臓疾患は犬の病気の上位に入ります)ま...

≫続きを読む

犬の肝臓【ウルソでは治らない?】

本剤の主成分は、ウルソデオキシコール酸(Ursodeoxycholic Acid)で、胆汁の流れを改善し、胆石を溶かす作用や、肝臓の血流を改善し、肝臓の細胞を守る作用があると言われています。これ以外にも、消化の際、食べ物の吸収を改善する作用もあります。胆汁として胆汁酸が十二指腸から分泌された後、胆汁...

≫続きを読む