犬 血液検査 費用はいくら?

犬 血液検査 費用はいくら?

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

 

病院で犬の血液検査を行うと4500円〜7000円くらい料金が必要となります。動物病院によるみたいです。さらに採血料も取る病院もあります。

 

せっかくだから健康診断も兼ねて内臓を調べるという事もできまが、この場合は検査項目の多さにもよりますが、1万円程度かかるようです。

 

このほか、検査の後にフィラリアの薬を投与する場合は、フィラリアの薬の費用がかかります。

 

費用を払って畜犬登録をすると登録証明書として鑑札(かんさつ=犬の首輪につけます)、注射済み票(メタルと呼ばれ、これも首輪につけます)、標識(ひょうしき=よく玄関に張ってある「犬」というあれです)が渡されます。

 

一般的な価格の相場は、1検査あたり2?3万円と言われています。ですので、「IgE血液検査」か「リンパ球反応検査」どちらか一方の検査であれば、2?3万円の費用です。両方受けるのであれば5万円前後の費用がかかることになります。

 

血液検査では、上記の項目に加え、全身の様々な代謝状態を明らかにすることができます。また尿検査では、初期の腎疾患や尿石症の早期発見につながります。

 

病気の疑いがある為に血液検査をした場合と、健康診断のような形で検査をするのかの2種類に分かれますが、ペット保険に入っている場合、前者の検査は保険が適用になり、費用が少し抑えられます。
血液検査をして悪いところがでたなら、ほとんどのケースはフードが原因です。
病気を予防する栄養素も豊富に含まれているので病気がちなワンちゃんにオススメです。
⇒ カナガンドッグフードの詳細はコチラをクリック!

 

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

 

犬 血液検査 アレルギー検査ってなにをするの?

皮膚のかゆみや炎症があるとわたしたちは「アレルギーかな?」とアレルギーを疑うと思います。しかし、皮膚の症状全てがアレルギーによるものとは限らないんですね。どんな...

≫続きを読む

犬 血液検査 費用はいくら?

病院で犬の血液検査を行うと4500円〜7000円くらい料金が必要となります。動物病院によるみたいです。さらに採血料も取る病院もあります。せっかくだから健康診断も...

≫続きを読む

関連ページ

犬 血液検査 アレルギー検査ってなにをするの?
犬 血液検査 アレルギー検査ってなにをするの? 犬 血液検査まとめ 犬の肝臓数値が1000以上の場合の下げるドッグフードとは?対処法をご紹介いたします。