犬 血液検査 アレルギー検査ってなにをするの?

犬 血液検査 アレルギー検査ってなにをするの?

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

 

皮膚のかゆみや炎症があるとわたしたちは「アレルギーかな?」とアレルギーを疑うと思います。
しかし、皮膚の症状全てがアレルギーによるものとは限らないんですね。

 

どんなたんぱく質にアレルギーがあるのか血液検査(リンパ球反応検査)で調べる。
結果は数値ででてくるので、分かり易い。
次のフードを選ぶのにはっきりとした基準があるので、安心できる。

 

一般的なアレルギー検査は「IgE血液検査」と呼ばれるものですが、食べ物が原因のアレルギーには「リンパ球反応検査」の方が効果的と言われています。その理由は、犬の食物アレルギーの反応は、IgEよりもリンパ球によるものが多いからです。

 

検査結果によりアレルギーが治るわけではありません。
アレルギー対策をするなら食事療法がワンちゃんに負担がかからないので最適です。
⇒ アレルギー体質なワンちゃんにはコチラ

 

ただ何に反応して痒みを引き起こすのか、何に触れなければ 又 何を食べなければいいのか非常に参考になりました。
特に食べ物の場合は手っ取り早く除去する事が可能です。

 

食物アレルギーの疑いもあるのであれば、IgEの検査だけでなく、リンパ球反応検査をしてくれるところが良いですよ。

 

実際なぜアレルギーが増えてきたのかははっきりとはしてませんが
私の個人的な予想としては大気汚染、食べ物の素材の変化や添加物が
体に蓄積して免疫系に異常を起こしているのではないかと考えています。

 

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

 

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

犬 血液検査 アレルギー検査ってなにをするの?

皮膚のかゆみや炎症があるとわたしたちは「アレルギーかな?」とアレルギーを疑うと思います。しかし、皮膚の症状全てがアレルギーによるものとは限らないんですね。どんな...

≫続きを読む

犬 血液検査 費用はいくら?

病院で犬の血液検査を行うと4500円〜7000円くらい料金が必要となります。動物病院によるみたいです。さらに採血料も取る病院もあります。せっかくだから健康診断も...

≫続きを読む

関連ページ

犬 血液検査 費用はいくら?
犬 血液検査 費用はいくら? 犬 血液検査まとめ 犬の肝臓数値が1000以上の場合の下げるドッグフードとは?対処法をご紹介いたします。