犬 GPT 数値があがることもある?

犬 GPT 数値があがることもある?

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

 

愛犬が血液検査を受けて「肝臓の数値が高いですね。」と獣医さんから告げられた!犬の肝臓の数値「GPT」が高い時に考えられる原因と、気をつける事をまとめました。病気の早期発見のためにも、血液検査は定期的に受けるようにしましょう!

 

GPT200はちょっと高いですね。注意が必要です。
原因は獣医師が究明中だと思いますが、治療用の薬剤でも数値があがることもあります。
消炎剤や鎮痛剤、駆虫剤などです。

 

GPT以外の肝臓に影響して変化のする項目の血液検査の結果と比較して考えていくことは重要になるかと思います。

 

GPT250は、決して無視できるような数値ではないと思います。

 

肝臓関係の数値では、ALT (またはGPT)、AST (またはGOT)という項目(さらにはALPやGGT (γGDP)といった項目を見ることもあります)で評価されることが多いのですが、これらは元々肝臓の細胞内に存在している物質(酵素)です。

 

ステロイドを微量、使っているので、そのせいかと質問しましたが、他の肝臓にまつわる数値が上がっていないので、ステロイドの影響ではない。おそらく食べ物だとのことでした。
このくらいなら薬を使う段階ではないので、2週間後に、絶食した状態で再検査すると言われています。

 

そもそもGPTとは、肝細胞の1酵素で、肝細胞の膜障害により血液中に流れでることで数値があがるものだそうです。
上がったGPTを下げることはなかなか難しいものですが、手段としては食事療法がありアミノ酸が含まれているドッグフードなら下げることが可能です。
⇒ アミノ酸が多く含まれているフードはこちら

 

 

犬のGPT・ALP数値を劇的に下げる方法とは?
犬のGPT・ALP数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにも安心安全で負担がかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

犬 GPT 高い時はどうすればいいの?

肝細胞の中にある酵素なのですが、細胞が障害をうけるとそこから漏れ出してくるため、肝疾患の指標としているわけです。数字が高いほど、広範囲にやられていたり、より障害...

≫続きを読む

犬 GPT 数値があがることもある?

愛犬が血液検査を受けて「肝臓の数値が高いですね。」と獣医さんから告げられた!犬の肝臓の数値「GPT」が高い時に考えられる原因と、気をつける事をまとめました。病気...

≫続きを読む

犬 GPT 基準値に収まっていない?

基準値には各検査場でばらつきもありますが、GPT(ALT)が100以上だったら問題があります。GOTは60〜70以下であれば正常で、それ以上だったら異常値と見て...

≫続きを読む

関連ページ

犬 GPT 高い時はどうすればいいの?
犬 GPT 高い時はどうすればいいの? 犬 GPTまとめ 犬の肝臓数値が1000以上の場合の下げるドッグフードとは?対処法をご紹介いたします。
犬 GPT 基準値に収まっていない?
犬 GPT 基準値に収まっていない? 犬 GPTまとめ 犬の肝臓数値が1000以上の場合の下げるドッグフードとは?対処法をご紹介いたします。