犬の肝臓数値が高い場合の下げるドッグフードとは?

 

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

愛犬のGPTが通常の2倍、3倍の高さ
数値が1000以上もある
肝臓の数値が高いのをどうにかしたい
肝臓に生れつき障害がある
空腹になると胃液を吐いてしまう
胃腸が弱く、消化がうまくできない

 

 

可愛い家族ですから、体調が悪いと心配になちゃいますよね。

 

愛犬の肝臓の数値が高い原因は一体何なのでしょうか。

 

高い原因はアミノ酸不足

 

肝臓の数値が高い原因はアミノ酸不足だから高いのです。
アミノ酸はワンちゃんの身体の中で作ることができない栄養素なので、食べ物で補う必要があります。

 

しかし、肝臓が悪い時は消化がうまくできないので、効率的に栄養を取ることが難しいんですね。
そんなときは、栄養補助してくれるフードで栄養不足を補うようにすると効率よく摂取できるので、愛犬に負担なく栄養摂取できるようになります。

 

フードを選ぶときは、アミノ酸が豊富なものを選ぶようにすると数値が下がりやすくなりますよ。

 

アミノ酸が豊富なドッグフードを

 

愛犬の肝臓数値が高い原因を解消する方法は、
アミノ酸が豊富に含まれているフードを与えるようにすると数値減少に効果が期待できます。

 

数値が高い原因は血液中のアミノ酸が減少することで数値(GPT)が高まるので、
アミノ酸を積極的に摂取することで数値を下げることができるため、下がるという事なんですね。

 

他にもアミノ酸を摂ることでシニア犬の寿命が延び元気になるなど、アミノ酸は健康維持にも大変良いとされているものなんです。
生活環境や食生活が良くなることによって、ワンちゃんの具合いも改善し元気になってきますよ。

 

アミノ酸を多く含む評判のいいカナガンドッグフード

 

このドッグフードは、アミノ酸の他にも野菜の風味と高い栄養価が濃縮されており、野菜が持つビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を効率的に吸収することができます。

 

肝臓の数値が高いワンちゃん、消化吸収で胃に負担がかかりやすいシニア犬に最適です。

 

我が家も最近カナカンドッグフードにかえたのですが、はじめから公式サイトの定期コースで通常価格の10%Offで購入しました。
定期コースは3回継続の条件が記載されていますが、わんちゃんに食べさせてみて合わなければ1回のみの購入で解約もできますので安心です。

 

あなたの愛犬の数値が改善して、早く元気になるといいですね^^

 

⇒ カナガンドッグフードの詳細はコチラをクリック!

 

 

管理人イチオシの肝臓数値を下げるドッグフードランキング

カナガンドッグフードってトウモロコシとか麦系の穀物を一切使っていないんです。
「動物実験に反対しているメーカー」としても有名なカナガン。安全で安心のドッグフードを目指して日々改良がおこなわれていますし、高品質なドッグフードを提供しています。
GPTが高めのワンちゃん、食欲がない元気がないワンちゃんに最適です。カナガンドッグフードは体の機能が低下しているシニア犬にもおすすめですが、体を作る幼少期の子犬にもおすすめなんです。

 

食いつきはスゴくいいです。ガッツきすぎて吐いてしまうこともあるぐらいなので、軽くふやかしてから3回に分けてあげています^^;。
ご褒美としてもカナガンを1〜2粒あげますが、喜んで食べてくれます。
毛艶とかウンチの状態がよく、我が家の子には合ってるみたいです。

 

犬を大事に想う愛犬家のサポートをしてくれる安心安全な犬用サプリメントの決定版。

 

⇒ 1位のおすすめフードの詳細はこちら

 

安心の1カ月以内返品保証!
「犬康食・ワン」は15年愛犬家の間で使用されている人気サプリメントですので、もうご存知の方もおられるかもしれません。

 

原料にこだわった3つの伝統素材と乳酸菌を使用し、人間と同じ栄養素で愛犬の長生きをサポートしてくれます。
小型犬、中型犬、大型犬にかぎらず、子犬から高齢犬まで幅広く食べられます。人間と同じ高品質な成分が入っていて、今なら送料無料の特別価格で購入できます。
しかしひとつだけネックなのが値段ですね、カナガンドッグフードと比べてしまうとコストパフォーマンスが悪くなってしまいますので、私はこちらよりも総合バランス的に優れているカナガンドッグフードの方がいいかと思います。

 

⇒ 2位のフードの詳細はこちら

 

犬は穀物を分解する酵素も持っていません。

 

小麦やトウモロコシなどの穀物は、犬にとって消化の負担になってしまい、深刻なアレルギーを引き起こしやすくなります。
こういったアレルギーとなる穀物が市販のフードには多く含まれていることがありますよ。身体への負担を減らすためにグレインフリーであることにネルソンズドッグフードはこだわっています。

 

お肉は多ければ多いほど原材料にお金がかかるため高級フードとなりますが、ワンちゃんによっては肝臓や腎臓に負担がかかることも。その為、ネルソンズドッグフードの生産者はタンパク質配合率にこだわっています。
穀物を使用していない分、新鮮なお肉をたっぷりと使用。 袋を開けると、チキンの美味しそうな香りが漂います。グルコサミンとコンドロイチンを配合しており、関節が気になるワンちゃんにいいかと思います。肝臓にもいいんですが、こちらもお値段がネックですね。モノはいいんですが私は一度しか買いませんでした。

 

⇒ 3位のフードの詳細はこちら

 

 

うちのワンコにも最適で数値を下げることが出来ました

カナガンドッグフードは、吸収が非常にしやすくアミノ酸が配合されたペット用のフードです。
カナガンは穀類不使用のグレインフリーです。野菜をうまく消化することが出来ないワンちゃんにぴったりな栄養食品でしょう。
肉・たんぱく質の多さやグルコサミン・コンドロイチンによる関節のサポート効果を期待してカナガンを食べさせてあげることをおすすめします。

 

カナガンドッグフードを摂ることで、肝性脳症や低たんぱく血症、炎症性腸炎等さまざまな病気から愛犬を守ることが出来ます。
肝臓から健康になるからこそ、ペットの長生き、健康にも繋がるんですね。

 

体調を崩した愛犬に優しい食生活を提供させる事ができます。
また最近問題となっています犬のアレルギー対策としまして人工添加物や穀物不使用で安心して食べさせる事が出来るのです。

 

▼▼▼犬の肝臓数値にお悩みの方はコチラ▼▼▼